はじめてのライフプランニング.png
​毎週抽選で2名様にライフプランニングをプレゼント!(通常1万5000円)
メトロポリターナ2月_edited_edited_edited.png
2V9A5003_edited.png
メトロポリターナ2月_edited_edited.png

CASE.1

旅行好きな

S.Sさん(会社員・27歳)

m_3_220222_edited.png

CASE.2 

​美味しいものに目がない

T.Nさん(会社員32歳)

m_4_220329_edited.png

CASE.3

マイホームに憧れる
A.Sさん(会社員・36歳)の
ライフプランニング

m5_220421_edited_edited.png

CASE.4

ひとりで豊かな生活を続けたいS.Fさん(歯科医師・40歳)の

ライフプランニング

106077_edited.png

CASE.5

134667_edited.png

CASE.6

Image by Olga Thelavart
​・・・ CASE.1 ・・・
旅行好きな
S.Sさん(会社員・27歳)の
​ライフプランニング
​・・・ PERSONAL DATA ・・・

東京出身の27歳実家暮らし。

​入社5年目となる広告会社で、忙しい日々を過ごしている。

未婚だが結婚願望はあり。

映画鑑賞と旅行が趣味で、学生時代は稼いだアルバイト代をほとんど海外旅行に使っていた。が、まったく英語が話せないので猛勉強中。

​・・・ 家計状況 ・・・
1カ月の支出
​収入

月収           26万円

​賞与           あり(1回/年)​

退職金          あり

​資産

銀行預金       65万円

    (毎月5万円貯蓄)

ローン脱毛   1万3000円

​実家への支払い    5万円

交際費                 8万円前後

​通信費       1万2000円前後

メトロポリターナ2月_edited_edited.png
将来の収支と支出の推移グラフ.png
1175506_edited.png

収入が増えると自然と支出が増え、生活費水準が上がってしまいます。

年間収支と現預金額.png
2V9A5040_edited_edited_edited_edited.png
吹き出し_edited.png
まずは将来の収入と支出の変化を見てみよう!
吹き出し_edited.png
収入と支出のバランスを見てみよう!

Point!

​物価上昇を考えよう!

キャッシュフロー表(将来の予測収支).png

FP中村からのアドバイス

​今回は、一人での生活を想定したライフプランのシミュレーションを行いました。

収支のバランスは良好です。今後収入が上がってきても無駄遣いで支出が大きく増えないように意識していきましょう。

収入から毎月しっかり貯金をされていてその貯金は使用されていないので、資産が増えていきますね。貯金はただただ将来のために漠然と貯めるのではなく、将来何に使うのか考え目的をもって貯蓄していきましょう。

老後に向けた貯蓄であれば、貯金ではなく株式や債券、投資信託などで資産を運用していくことも考えていきましょう。

今後、結婚、出産などのライフステージの変化に応じてその都度シミュレーションを行いましょう。また、ご自身のライフイベント以外でも社会情勢の変化や法律、社会保障制度の改正に応じて見直しも必要です。

2V9A5003_edited.png
 
FPOffice.png

のライフプラシミュレーション

  • FPによる入念なヒアリングによる精度の高いライフプランニング!

  • 総ページ数 約65ページ の詳細なシミュレーションが可能!

  • ​課題解決型ファイナンシャルプランナーによる的確なアドバイス!

ライフプランニング
遺族の必要保障額.png
子供の教育費.png
年間収支と資産残高のグラフ.png
将来の収入と支出の推移グラフ.png
Image by Olga Thelavart
​・・・ CASE.2・・・
美味しいものに目がない
T.Nさん(会社員・32歳)の
ライフプランニング
​・・・ PERSONAL DATA ・・・

入社10年目となるマスコミ業界で働く32歳。

昨年に同い年の夫と結婚したことを機に、実家を出て二人暮らしを始める。

夫婦ともに美味しいものには目がなく、

輸入食品店や高級スーパーに行っては、
ちょっとリッチな一品を買ってお家ごはんを楽しんでいる。

m_3_220222_edited.png
​・・・ 家計状況 ・・・
1カ月の支出

住宅(ローン) 8万円

​車(ローン)  2万5,000円

食費      8万円前後

​光熱費     1万7,000円前後

​収入

世帯年収          1,000万円

​(夫:550万円、妻:450万円)​

退職金       あり

​資産

銀行預金      55万円

つみたてNISA   毎月3万円/妻

​企業型確定拠出年金 毎月3万円/夫婦

将来の収支と支出の推移グラフ3.png
吹き出し_edited.png
まずは将来の収入と支出の変化を見てみよう!
​夫婦+おこさま2人プラン
将来の収支と支出の推移グラフ3-2.png

Point!

​教育費がかかります!

​夫婦プラン
1175506_edited.png

ご家族が増えると生活費もあがります!

おこさまの生活費もしっかり考えましょう!

年間収支と現預金額3-2.png
2V9A5040_edited_edited_edited_edited.png
年間収支と現預金額3.png
吹き出し_edited.png
収入と支出のバランスを見てみよう!
​夫婦プラン
​夫婦+おこさま2人プラン
キャッシュフロー表3.png
キャッシュフロー表3-2.png

FP中村からのアドバイス

​今回は、①ご夫婦での生活と②お子さま二人を想定したライフプランのシミュレーションを行いました。

共働きを継続される予定ですので将来の予測収支も問題ありません。

何も考えずに生活をしていきますと収入が上がると生活水準もあがっていきます。

生活水準があがり過ぎないように心掛けましょう。

お子さまが増えると生活費や教育資金など支出が増える事が確認できたと思います。今回のシミュレーションでは一般的な教育資金で計算しています。実際には、進路や習い事、塾などお子さまに対する教育の仕方で金額は大きく変わります。

ご家族が増えると考えた方も変化し、仕事の働き方や生活スタイルも変わるかもしれません。お子さまが生まれたら再度ライフプランニングを行いましょう。

IMG_75932222222_edited.png
 
FPOffice.png

のライフプラシミュレーション

  • FPによる入念なヒアリングによる精度の高いライフプランニング!

  • 総ページ数 約65ページ の詳細なシミュレーションが可能!

  • ​課題解決型ファイナンシャルプランナーによる的確なアドバイス!

ライフプランニング
遺族の必要保障額.png
子供の教育費.png
年間収支と資産残高のグラフ.png
将来の収入と支出の推移グラフ.png
Image by Olga Thelavart
​・・・ CASE.3・・・
マイホームに憧れる
A.Sさん(会社員・36歳)の
ライフプランニング
m_4_220329_edited.png
​・・・ PERSONAL DATA ・・・

育休を終え、2人の子供(4歳の長女と1歳の長男)を育てながら、システムエンジニアとして働く36歳。
最近の趣味は、子供たちが寝たあとに、夜な夜なインテリア雑貨の通販サイトや、おしゃれな人のルームツアー動画を見ること。

夢のマイホーム実現に向け、仕事に育児に奮闘中。

m_4_220329_edited.png
​・・・ 家計状況 ・・・
1カ月の支出

住居(賃貸)    18万円

​水道光熱費   2万5,000円

食費      10万円

​教育費     2万5,000円

​そのほか    22万円

​収入

世帯年収          1,200万円

​(夫:650万円、妻:550万円)​

退職金       あり

​資産

銀行の貯金額      640万円

吹き出し_edited.png
まずは将来の収入と支出の変化を見てみよう!
中古マンション
新築戸建て
新築戸建て.png
中古マンション.png
中古マンション.png
将来の収支と支出の推移グラフ3-2.png
新築戸建て.png
新築戸建て.png

将来のリフォーム費用を考えましょう!

Point!

1175506_edited.png

ローン返済負担率は20%以下を目安に

​住宅ローンの借入金額を考えましょう!

中古マンション.png
2V9A5040_edited_edited_edited_edited.png
新築戸建て.png
吹き出し_edited.png
収入と支出のバランスを見てみよう!
新築戸建て
中古マンション

FP中村からのアドバイス

​今回は、①新築戸建て購入と②中古マンションを想定したライフプランのシミュレーションを行いました。

初期費用の金額の違いや、修繕費積立金・管理費の違いを確認いただました。

住宅ローンを組む際はローンを返済負担率も意識しながらも、収支のバランスを整えましょう。現在でもやや生活水準高めですのでこれ以上があがらないよう心掛け改善できる支出は改善していきましょう。