インフラに見る、老後対策

コロナ禍からの解放が進み、人々の動きは目に見えて活気を取り戻しています。

世界の航空大手では来年にも黒字化を見通しており、コロナ以降は次のステージに移りつつあるのかもしれません。


家族連れの方々が笑顔で観光地へ向かう映像は、とても微笑ましいもの。


そんな新しい局面を伝える特集を見ていて、

少し気になったのは、画面に写り込んでいた橋の状態。

昔のような綺麗な状態に何とかできないものなのだろうか・・・。



インフラの老朽化に手が打てていないのは、紛れもなく事実のようです。

例えば、トンネルの約4割はすぐにでも手を付けないと危険な状態にあると言われています。



日本が勢い付く端緒となった初回の東京五輪は遡ること1964年。

世界の人々を迎えるべく、一大イベントを前に各所のインフラが整備されていきました。

あれから60年の時代が経ちますが、インフラの寿命は約50年とされています。


ところが、人手と財政の不足で、全てのインフラを刷新していくのはとても現実的とは言えないようです。

しかも、ここのところの資源の高騰でコストは増すばかり。先延ばしすることで、予想外の負担が上乗せされてしまっています。



お気楽かもしれませんが、私なんかは

「インフラは人の命にも関わること。いずれ更新が来ることがわかっているのだから、こういう時期を見越して色々と対策は打ってあるんだろう」

と思ったりしてしまいます。

ただ、現状はどうもそんな感じでもない様子。



入社早々から定年退職のことを考える新人が稀有なように、

更新の時期はさておいて、あの頃は、目の前の道路やトンネル、橋などを作ることに全力を投下していたのかもしれません。

そのギャップがここにきて露呈しているのでしょうか。


はるかに先のことでも、必ず来ることには、今から対処していく必要性がある。

当たり前のことかもしれませんが、こんなことをこの事例は示唆しているように感じます。


個人のライフプランでも、参考になる部分があるのではないでしょうか。

例えば、30代〜40代のご家族だと、

目の前の教育費や住宅費にどうしても比重を置いてしまいます。

これは致し方ないこと。