top of page
黒と白

課題解決型ファイナシャルプランナーとは

561211_edited.png

ファイナシャルプランナーとは

ファイナンシャルプランナー(FP)と聞いてどんなイメージをお持ちでしょうか?

欧米では「職業」として認識されますが、日本ではまだまだ「資格」というイメージが強いのではないでしょうか。

確かにFPは資格でもあり、日本には金融機関や不動産の営業パーソンの多くが取得しています。「FP Office」ではそのような企業に属したFPとは一線を画して、独立系FPとして「職業」FPが様々な相談に対応致します。

 

 日本は金融教育後進国とも言われています。そのため知っていれば回避できたトラブルや、早めに行動していれば「もっと資産があったはず」という事例はとても多い、というのが多くのお客様と面談して感じることです。まずは「金融教育」の普及こそが私たち職業FPの最重要ミッションであると考えています。FP Officeは多くのセミナーコンテンツで、金融教育の普及にも尽力していきます。

人生の夢や目標をかなえるために総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法を「ファイナンシャル・プランニング」といいます。ファイナンシャル・プランニングには、家計にかかわる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識が必要になります。これらの知識を備え、相談者の夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートする専門家が、FP(ファイナンシャル・プランナー)です。 

 

※​日本FP協会ホームページより抜粋 

964344_edited_edited.png
964344_edited_edited.png

​様々なタイプのファイナシャルプランナー

964344_edited_edited.png
964344_edited_edited.png

ファイナシャルプランナーといっても、金融機関に勤めているFPがいれば、独立系事務所で活動しているFPもいるなど日本では様々なタイプのファイナシャルプランナーが存在し、皆様の相談に応じています。

その中でもFP Officeは、「課題解決型ファイナシャルプランナー」として活動をしております。私たちは、お客様からのご相談から課題を導き、解決策を講じ、将来にわたってパートナー的存在としてサポートし続けます。

​敷居が高いと感じるファイナシャルプランナーを身近な存在にし、お金にまつわる相談者として生涯パートナーとなることが我々の使命です。

西田順子.jpg
グラフ.png

​相談型FP

課題解決型FP

販売型FP

銀行/不動産/

​保険/証券

​相談型FP

​主に相談料を収入源とし、顧問料や不動産会社等への紹介料、講演料、執筆料などで収益を得ています。

商品を取り扱っていない為、無理なセールがありません。その反面、実務経験が乏しく商品知識や手続きの情報が不足し解決までに導くことが難しい場合があります。また、紹介料をメインとしている事務所は紹介斡旋があります。

​そして、相談料を払って改善策のアドバイスを受けても結局は自分自身で手続きをしなければならず、そこでは手数料を支払わなければなりませんし別の商品を勧められる可能性もあります。

964344_edited.png
964344_edited_edited.png
​課題解決型FP

​相談料と提携金融機関等からの報酬を選択し報酬を得ています。またライフプラン作成料や講演料などでも収益を得ています。

相談型FPと販売型FPの良い所をあわせもっています。ご相談者の相談内容により課題を明確にし、解決策を的確に提示します。相談料をいただくことにより、必要のない商品の提案は行いません。無理に商品を勧めることもありません。その後もフォローも行い生涯のマネーパートナーしてサポートし続けます。

FPOffice.png
​販売型FP

​主に商品を販売することによる金融機関等からの報酬を収入源としています。

何度でも無料で相談ができます。取扱商品の商品知識は豊富です。しかし解決策を取扱商品の中からしか選ぶことができません。相談内容と解決策がミスマッチとなり、相談の解決に至らない場合があります。モラルの低いFPに相談してしまうと必要のない商品まで勧められてしまう可能性があります。

また、商品加入時のみ対応しその後のフォローがないケースもあります。

bottom of page